2009年06月13日

わき汗 対策

【1】わき汗対策、食事療法

わき汗の治療方法の一つとして食事療法があります。

食事を食べる食べ物はは消化吸収されたあとに、肝臓でエネルギーに変えられることで熱を発生し、体温を上げます。

そのため、脂肪成分を多く含んだ肉類や油脂分を多く含んだ揚げ物、チーズ、バター、唐辛子などの香辛料は体温を上昇させて汗をかきやすくし、わき汗の原因となります。

最近の日本人の食事は徐々に欧米化してきて、肉や乳製品を摂取することが多くなってきました。わき汗が気になる方はなるべく和食を摂ることを心がけ、肉類や揚げ物などを摂りすぎないように注意しましょう。

わき汗を直接止めるわけではありませんが、食生活を見直してみることも治療の一つとして考えてみてはどうでしょうか。


【2】わき汗対策、心身療法

わき汗の治療方法には様々な方法があります。

わき汗は精神的なことが原因していると考えられることもあり、心身療法による治療によって症状を和らげることができます。
特に汗に対して恐怖心や不快感を強く持っている場合、心身療法による治療を試して方法も良いかtぽ思います。

わき汗が原因で人前に出ることが苦手になったり、人の視線が気になってしまう、という精神的な原因になってしまうからです。

心身療法による治療では、カウンセリングを受けることでわき汗に対する嫌な意識を変える治療方法や、交感神経や副交感神経などの自律神経の働きを整える訓練をする治療方法などがあります。


【3】わき汗対策、薬物療法

わき汗の治療方法の一つである薬物療法では、汗に対する精神的な不安を取り除くために精神安定剤を処方されます。

わき汗の治療に使われる精神安定剤は、直接汗をかくことを止めるのではなく、精神的な緊張を緩和するために処方され、交感神経の働きを調整する作用もあると言われています。

直接汗をかくことに働きかける薬としては、汗をかくときに交感神経から出てくる「アセルリコリン」という科学物質を止める薬があります。この薬は汗腺からの分泌を止める薬なので、手のひらなど局所にだけではなく全身に作用します。

しかし、これらの薬を使用すると口が渇く、便秘、胃腸障害のような副作用があります。
わき汗の治療として薬を使用する際は、専門医など医師の指導のもと正しく使用をしましょう。
posted by わっきー at 05:46| わき汗 対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。